【質問回答】疲れた時にもう一踏みが出来る様になりました!どのトレーニングが効いていますか?

疲れた時にもう一踏みが出来る様になりました。

質問を頂きました

当スクールに通い出して2ヶ月が経つ

生徒さんから嬉しいご質問を頂きました!

最近走っていて疲れたなぁって時に、もう一踏みが出来る様になったんです。

それはローラーレッスンの中でやった1km走、もしくは60分走の練習の成果でしょうか?

ご質問ありがとうございます!

1km走とは

1kmを全力で駆け抜けるトレーニング

めちゃ苦しい、けど楽しい!?

今まで出会った事ない自分に出会える練習

60分走とは

自分のペダリングをしっかり見ながら、
隣で講師にピッタリついてもらったまま
しっかり60分しっかり力を出し続けるトレーニング

FTPを実際に60分測ってみると
パワーメーターなどで出る予想値と
ずれる事が多い。
大概の人は予想値を下回る。

例えばヒルクライムを目指してて、持久能力を上げたい人は本番を想定した時間数に合わせてトレーニングを行う。

動画の内容まとめた文章読みたくない方は

動画をご覧下さいね^^

結論

ウダウダ言ってないで答えを言うと

両方効いてます。(ドーン)

どちらも力の出し慣れが必要な領域にアプローチしています。

1km走の成果とは

強度に対して強くなる

30秒を超えるとキツくなってくる中で

残り40秒位を

どう身体を動かしたらスピードを維持できるのか

考えながら耐えてやる内に

限界付近の身体の使い方が上手くなります。

キツイ!と感じていても、

体験した事があるキツさだ💡と脳が認識し

疲れてきた時でも集中力が発揮出来、

身体を正しく使える様になります。

60分走の効果とは

長時間の力の出し慣れ

60分力を抜く事なく漕ぎ続けると言う事は

筋肉にずっと力が入り続けます。



ずっと血液を送り続ける



身体の血の循環機能をずっと動かし続ける必要があります。

筋肉は力が入っている時血が出ます。

力が緩んだ時に血が入ります。

60分間漕ぎ続けると言う事は

ずっと血が出て行って、血が少ない状態で

何とか動かさなければならない状態になります。

(一種の貧血状態ですね)

だから最初の頃は90分終わった後

目眩がしていたのか💡

少ない血液からしっかり栄養を取り込んで

動き続けなければならないので

一種の加圧トレーニング的効果が見られます。

こちらも力の出し慣れで

今までであれば疲れたであろう状態でも

本当は疲れが少ないかも知れない状態です。

1km走と同じく、こちらも血液が少ない状態のなかで

力を出し続けると言う経験を

脳が覚えていて、その状況下で何とかしようとする事で

少しずつ持久力、体力が向上していくのです。

こちらで回答は以上です!

Iさん、疑問は解決出来ましたか?

ご質問、ありがとうございました!

このメニューは何のためにしているのか

理解出来るとよりトレーニングにも身が入りますね^^

決して楽ではない、苦しい練習ではありますが

楽しくスポーツサイクルに乗れる様、

また頑張って取り組みましょう♪

目次

ご予約・お問合せはこちらから

月間/週間スケジュールにないメニューや

時間のご相談なども

お気軽にメッセージ下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる