11月23日開催 ISCSチャレンジサイクリング 淡路内陸サイクリングレポート

今日は参加者のお一人IWKさんのご要望を受けた

淡路内陸に向けたサイクリング。

 

距離は約125㎞、獲得標高は2400mの上級コース。

勝手知ったる淡路島をグルグル回るので足がかりにしやすい。

新しい淡路島の景色をみんなで見て楽しめたらいいなぁ。

目次

参加者

Entry No.1 IWKさん

このサイクリング要望者でもあり、

でも久しぶりに外を走ることに

不安が残るIWKさん。

そんなことはないと思うけど笑

Entry No.2 KRDさん

最近改めて2度目のペダリング講習を

受講された後に上がり調子で、

さらには上級サイクリングの

常連になりつつあるKRDさん。

Entry No.3 KNSKさん

エグイコース大好き、今日は鉄下駄特訓のKNSKさん。

 

Entry No.4  YSOさん

とあるところで初勝利を味わい、

でも今日の走りは未知数のYSOさん。

Entry No.5 AYKさん

今日のコースの先山にトラウマ有り。

「しかし今なら」とご自身に期待するAYKさん。

花さじきからスタート

このメンバーで朝7時から出発。

早速花さじきの登りを朝日を浴びながら登っていく。

少し路面が濡れてるなぁ。

その分湿度が高く朝冷えもなく、

ゆっくり目に登っていくと体がいい感じに目覚めてくる。

 

そして温まったころに花さじき到着♪

雨のお陰で空気も澄んでいて遠くまでよく見える。

綺麗だね♪

花さじき

軽く脚を止めたらすぐに下り始める。

ここから先は明石海峡よりも

西の海と加古川や家島付近を高台から

臨みながらのアップダウンをこなしていく。

 

田舎道だから飛ばさずユルユル。

手前を見れば棚田。

目線を先に延ばせば加古川の町。

高台から見下ろす島→海→本州の景色が新鮮だ。

ゴッサカイト遺跡

そしてゴッサカイト遺跡に到着♪

ここからの遺跡と海が織りなす景色は

心に満足感を与えてくれる。

ここまででも結構登ったなぁ笑

皆清々しい笑顔だ。

ゴッサカイト遺跡

さて高台の遺跡から一気に西海岸に降りて

五色まで海岸線沿いだ。

逆走だけどいつもの淡路島の景色だね。

洲本〜平野パン

突風が吹き付ける中の難しいシチュエーションだったが

力のある方々がフォローに回ってくれたりして無事に五色まで到着。

そこから県道472号線を使って東に舵を切り洲本を目指す。

それまでとは変わって完全追い風。

 

風を感じない安定した自転車の上から空を見上げると

空の奥行に吸い込まれそう。

天気が良くてよかったと感謝。

 

洲本に抜ける直前に小さな峠があって

そこをフリー区間としてそれぞれ頑張って登る。

 

こういった時のKNSKさんは相変わらず皆の心を着火する

楽しい走り方をされる。

KNSKさんに点火していただいてKRDさん、IWKさん、KNSKさんが

先頭を形成される。

高速走行で一体感をもって頂上トンネルゴール♪

YSOさん、AYKさんも難なくクリアー。

 

さてここから安全に下って5㎞ほどで

平野パン♪久しぶりだなぁ。

前よりもめちゃくちゃ人気店になってる。

タイミングを見計らって店内に滑り込むと

超おいしそうなパンが店内にズラリ。

嬉しいなぁ。目移りしてしまう。

買ったら横の畑を間借りしてもぐもぐタイム^^

美味しい。幸せー。

平野パン

それも束の間。

「沢山食べてエネルギー補給したから先山行くぞ」の号令が。

AYKさん、YSOさんのトラウマの場所。

ここから先山までは5㎞程度。

先山クライム〜千光寺

平野パンで少し冷えた体を温めなおしているとすぐに先山への登りが始まる。

最初の登りは一緒に走っていきましょう。

準備はいいかな?では先山頂上までスタート!!!

 

鉄下駄ホイール修行のKNSKさんに対して容赦なく

KRDさんとIWKさんのペースが上がる。

特にKRDさんは前半から出し惜しみなしだなぁ。

調子もよさそうだ。

 

そしてIWKさんのパワークライムが強烈で

たびたびKRDさんが遅れそうになる。しかし必死に耐える。

IWKさんのパワークライムは

軽くなければ登れないってみんなの常識をぶっ壊してくれる。

素敵です。

 

ん?IWKさんは今日は登りが不安だと言ってたような。

まぁ調子が良いことはいいことだ。

そして頂上が見えてきた。

初めて登る山って長く感じるし苦しいよねー。それでも

お二人は最後スプリントをかけてゴール。

KRDさんが獲った。素晴らしい。

 

皆、自分のペースを守って順当に登り切り

先山頂上にある千光寺に到着。そしてご褒美の景色タイム。

良い景色♪

だけど階段地獄が待っていて、階段を登らないと

ご褒美景色は見れないのだ笑

頑張って登ってようやく見れたー

メインクライム?東山寺

そして安全にみんな下って

AYKさんが「肩の荷が下りたー」って。

良かったですね^^

 

私的には、東山寺の登りがきつい気がするんだけど

あの登りは大丈夫なんだなぁ。へぇ~って思ってた。

 

淡路島中央インターチェンジの登りもピュンって行きますよー。

勾配が先山よりも緩やかになるとIWKさんのパワークライムが

より際立つ。

 

しかし今日、ここまで何度も登りをビュンって行ってるのに

KRDさんもIWKさんもKNSKさんも脚動くなぁ。

IWKさん炸裂ーって感じで軽く登りをこなして

66号線を一宮まで走って。

ここの小さな丘コースも結構脚に来る。

 

ファミリーマートで休憩。

津名一宮インターチェンジ前を通って

タコせんべいの里の前を通って

東海岸に出たら

私は一番大変じゃないのかなぁっと思っていた

東側からの東山寺への登り。

 

山の急な斜面にグレーに這っている道を見ると

皆さんに少し冷や汗が出てくる。

麓についてさぁ各自のペースで行きましょう♪

 

そこにKRDさんが果敢だ。

シッティングではとても登れん。

体の機能を総動員だ。

 

「壁」「ありえん」「やばい」

色んな声が聞こえてくる。

 

ここではKRDさんの気概がすごかったなぁ。

皆自分のペースを維持して登っている中で

自分をプッシュして登っている姿が印象的だった。

 

やーっと登り切ったら

先に登りきっていたKNSKさんがヘルメットを脱いで

休憩していた笑

これ終わったらほっとしますよねー笑

 

そしていったん獲得200mくらい降りてから東山寺の登りが出現。

皆、もう好きにして状態笑

ここでもIWKさんとKRDさんが果敢にアタック。

そしてIWKさんが先着。

東山寺は自転車のお守りがあるのだけれど

境内に入る余裕がございません。

写真だけで勘弁~笑

到着しただけで大満足(笑)

そしてこの東側からのアプローチは皆さんの新たなトラウマに笑

花さじき

東山寺からは西側に降りて

あとは淡路高校前から花さじきへの登り一本。

 

ここはサイクリングの締めに持って来いの場所。

夕陽を見ながら最後の登りを頑張ってみましょうかねー。

力が付いたから自分を試してみたくなるんだよね。

KRDさんとIWKさんは一勝負。

皆は淡々とこなして花さじき到着。

花さじき

これであとは下るだけ。

素敵な景色が、頑張ったご自身へ満足感を与えてくれる。

先山の時の顔とは違い、みんな最高の笑顔だ。

総括!

安全に下って

皆の感想を頂いて、寒くならないようにはい解散。

危険なシチュエーションもなくアテンド出来て良かったぁ。

皆さまお疲れさまでした。

 

私のサイクリングはやはり

自分を試したい方が存分に楽しめる雰囲気に満ちているなぁと

改めて思いました。

 

今のスピードやタイムがどの様であれ

成長しているって実感するのはとても素敵なことじゃないですか。

そのために色んなレベルやシチュエーションを企画してます。

是非チャレンジサイクリングに遊びに来てくださいね。

そのお気持ちがある方を当スクールは全力で応援しますからね。

はぁ~。書くと1日で沢山登ったなぁ~笑

 

その他のイベントをチェックする

イベントに申込む

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる