12月6日開催 キャンプサイクリングの初めレポート

12月6日今日はISCSとしても新たなチャレンジ企画。

キャンプの初めです♪

 

「チャレンジはどうしたぁ」ってコメントが聞こえてきそう笑

なので事の経緯を少しだけ話しておこう。

もう、御ひいきに2年のお付き合いになります

本日もご参加のSさんという方がいらっしゃいまして。

その方は私のスクールサービスが纏まっていないときから、

メンテナンス、コーナーリング、

フィジカルパフォーマンスアップを

学びに来てくださっていました。

 

それはその方の夢の一つが ”四国一周” であり、

また軽キャンプ道具などを持ってのサイクリングも

これからの新しい楽しみ方としたいことを

お聞きしておりました。

 

★ここで一つ差し挿みますが

当スクールの講習はあくまでも手段であり、

モットーは、当スクールを好きでいてくださる方々との

夢の共有とお手伝いです。

 

本題に戻り

今まではフィジカルパフォーマンスアップ、

コーナーリングやメンテナンスについては

講習することが出来ても

キャンプなどのサバイバル系は、

好きでも自転車と組み合わせたことはなく

シーズンが落ち着いてきたこの機を

チャンスとばかりに

スクールに来てくださっているIKDさんに

アドバイスを求めて実行に移したのでした。

キャンプサイクリングの準備物

やってみれば、道具の量、重さ、工夫、

そして何より楽しさ

色々わかるでしょ?笑

そしてチャレンジなのですよ。

 

ということで

スクールに3人の方が集まりました。

YMMTさん(女性)、よしくん、Sさん。

 

上記Sさんとその親友よしくんは

予想しておりましたが

まさかフェアレディーの雰囲気の

YMMTさんもいらっしゃるとは驚きです。

 

皆さん久しぶりなので軽くあいさつ。

そして何を持ってきたのかを楽しそうに話して。

まるで小学校のピクニックみたいやん♪

上手に小さめのバックに纏めているなぁ。

私の荷物は15㎏になったよ。

自転車に乗ると圧迫感が凄い~苦

 

昼の12時、皆さんお腹すかせてきてくれた。

だから最短距離で山のふもとまで行きましょう。

片道10㎞です。

 

そこから小野アルプスの頂上までハイキングして

頂上でご飯としましょう。

じゃぁ出発~!!

 

普段サイクリングとして使えば何の変哲もないような道も

何故かキャンプ道具を背負って走るとちょっと楽しい。

雲一つない、澄み渡った青空が

ワクワクの気持ちを後押ししてくれる。

 

八幡稲美のインターチェンジを過ぎるころには既に

皆さんがハイキングする小野アルプスが遠くに見える。

「ふーん。あれかぁ」

 

加古川渡って

見土呂の横を通って

山陽自動車道の高速の上を通って

重い荷物と普段と違う自転車に

小さな坂で「ひぃひぃ」言いながら笑

 

でもふと見上げると赤や黄色の紅葉山のトンネルが

目にご褒美をくれる。

 

出発から30分もせずに山の麓に到着。

しっかり愛車に鍵をかけて

靴を履き替え(4人中3人はフラットペダルで履き替え無し)

山に入るぞー!!

 

”日本一低い小野アルプス”の看板が目に留まる。

そんなキャッチフレーズかぁ。

見下し気味だよ小野アルプス。

 

気持ちの良い森のトンネルが4人を迎えてくれる。

世間話をしながら。

皆さんハイキングは10年、20年、30年ぶりみたいな。

一歩ごとに ”かさかさ” と

つま先に感じる落ち葉の音色と感触がとても気持ち良い。

10分ほどそうやって進むと気持ちは既に頂上気分。

 

そんな時の右手に小野アルプスが見えてくる。

「あそこを登りますよー」って言うと

皆さん冷や汗たらぁ~~~😰

「まじ?」「ちょっとやばくない?」

 

そう。日本一低い小野アルプスのキャッチに

見下し気味だったけれども

低くても険しさはなかなかです。

きっとこれを登った後のご飯は格別でしょう笑

 

しかも小野アルプス直前の登り口の勾配が結構きついやん。

グループに流れる空気感がピリッとに変わります。

 

そしていよいよ小野アルプス登坂開始。

時間にて10分以下だと思うけど

落ちたらヤバい雰囲気を感じながらの登坂は

超真剣で長く感じる。

勾配は頂上に行くにつれてドンドン上がり、

取っ手のない岩肌角度は35度。

どんなルートで上っていくのか頭と体をフル動員して

皆さん無事に登頂~♪

皆さん良いお顔♬

その眺望に先ずは心が満たされる~。

達成感最高。

 

そして頂上の岩肌で調理をする場所を決めて

コンロをセットして早速クッキング。

お湯を使うものから。

 

Sさんは、お湯を入れるだけでできる非常用ご飯に

永谷園のお茶漬けを入れて技ありご飯!!

そして普段は食べることができないという

太麺の高級カップラーメンが美味しそう♪

ご満悦な顔が印象的でした。

 

デザートはこれまた高級な洋酒入りチョコレート。

チョイスが大人な感じです。

 

よしくんは間違いの無いチキンラーメンとドンブリ。

本当に失敗しないならコレという王道チョイス。

やりますねぇ。

周りに漂うにおいが超食欲を刺激してくれます。

 

そしてお餅と井村屋のあんこであんころ餅。

ラーメンとデザートのベストバランス。

 

YMMTさんは

ガーリックリゾット、ハムステーキ、カップラーメンと

一番のガッツリワンパク系チョイス笑。

このキャンプの食事に掛ける想いを一番強く感じました。

 

私はお餅&チーズ、カフェオレとブラックコーヒー

YMMTさんから分けていただいたハムステーキや

Sさんが下さった高級チョコレートが

シンプルご飯に彩を加えてくれて

最高な昼食となりました。

 

皆さんで持ってきたものを分け合って食べるの最高♪♪

荷物に余裕があれば、

串付きフランクフルトやウインナーも最高だなと思いました。

 

YMMTさんは、本当は「肉」を焼きたいと話してられました。

いいね~それ!!

是非次回やりましょう。

 

そして最後に集合写真を撮影して下山開始。

景色も最高!

行きほどでなくても、結構な斜度を下るのですが

軽くなった背中の荷物と満たされたお腹で

軽快に安全に下ってこれました。

 

山を出ると「やったぞぉ」って感じで

気分がホッと軽くなる。

 

Sさんの「コーヒー飲んで帰りましょう」のご提案で

椿珈琲さんで鴨池を眺めながらの落ち着いた一時。

グアテマラ美味しかったです。

 

さぁあとは安全に10㎞を自転車で帰るだけ。

夕日に向かってYMMTさんがグングン進んで、

男3人は必死にそれを追いかける。

なんかその光景が見ていて面白い。

 

短時間だったけれど

すっごく濃い半日を過ごしました。

またやりましょうってみんなで約束して解散しました。

その他のイベントをチェックする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる