2月28日開催 頭島ライドVol.2 サイクリングレポート

2月ライド計画の最後となったこの日

朝5時半にたつのから

自走で赤穂の集合場所に向かう。

 

揖保川沿い道路の川のせせらぎを聞きながら走ると

ライトが照らす狭い視界と相まって座禅の境地。

身体の動作感覚が研ぎ澄まされるようだ。

目次

参加メンバーさん紹介

そして赤穂には

モチベーションの高いメンバーが集まった。

頭島のカキオコにも走りにも

モチベーションが高いメンバーだ。

 

SDA大滝も出場・完走されるMr.タフ。

TNDさん

 

クリテ帰りでスピード強化中のYSOさん

 

芯からの身体の強さを獲得されつつあるAYKさん。

ここからクライムに本格集中。

 

今年のイベントに一番積極参加で

身体を作りこんでられるIKDさん

 

同じくIKD師匠に合わせて

頑張ってられるYMNさん

 

そしてなんとなんと、

HCや上級ライドが常連のKWMRさん

 

走力差はありつつも

ISCSライドは皆さんが優しいので

強い人が皆を守ってくれる。

 

とはいいつつも

やはりライドには適度な余裕と疲労感、

達成感、爽快感が大事でしょ?

 

皆さんどこでハッスルしてもらおうか。

(要らん世話かぁ笑)

コース

コースは岡山国際サーキットや大芦高原周り。

https://goo.gl/maps/kw3ntorDcNj2HRPp6

113㎞1450m獲得という数字は、

淡路島より40㎞短くて

淡路島より400mも多く登るって聞けば

なかなかでしょ。

 

それに加え細かいアップダウンが

何度も登場するコースプロフィールなので

頂上が見ている短い登りを

勢いに任せて頑張ると

数字の1.5倍消耗は激しい。

思わぬ事態に

加えて向かい風から始まるこの展開。

波乱の予感。

車も少ない道を選択しているので

解放感を持って走れる。

 

山の中を貫くコースは絶景こそ少ないが

里山川の自然を感じてめちゃくちゃ気持ちい。

 

一息で登れる1㎞程度の短い登りを

調子に乗って皆でドンドン走る。

車が居ないことを確認して一生懸命走る。

 

大芦高原まで矢継ぎ早にハッスルした結果

和気インターチェンジを越える前に

全ての体力を使い切ってしまい

止む無く2号線を越えずに

赤穂の駐車場にショートカット。

 

頭島で天然の牡蠣を使った

カキオコを食べれる

最後のチャンスだったかもしれないのに。

 

私には後ろ髪どころか前髪もありませんが、

全身の毛を引かれる思いで進路変更。

 

グルメライドを計画すると

閉まっていたり、売り切れていたり、

走れなくなったりと

神様に見放されているようだ💔

 

私の表題に惹かれてエントリーしてくださった方。

大変申し訳ありません。

 

でも2020年晩秋の

日本海イカ丼は成功だったなぁ🦑

 

私のライド趣旨からすると

しっかり走り未来の成長に

繋げることが出来ているから

ん~。まぁ良いのか・・・。

 

先頭を走っていることが多かったから

写真はありませんが💦

でもメモとして

ライドレポートを上げさせていただきます。

参加者さん達の走りを回想

最後に TNDさんとAYKさんの

登坂スピードが拮抗してきているので

いつもバトルの行末が

氣になってしょうがありません。

これからも二人から目が離せません。

 

YMNさんは参加されるたびに

新たな成長があっておめでとうございます!

 

IKDさんは寒い中のライドは

コンディション安定が難しいですが

今は我慢の時ですよ。

 

YSOさんは前日のレースお疲れから

連チャンライドでしたが

時折試しながら走っていましたね。

見守っております。

嬉しいことが有ったら教えてください。

 

KWMRさんは最初から最後まで

全力走行でいつも前のめりの姿勢に

感服いたします。

今年も自分をしっかり超えて

喜びを噛みしめましょうね。

 

これに懲りずに

しっかり走るグルメ含みライドも

頑張りたいと思います。

その他のイベントをチェックする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる