5月30日開催 ISCSチャレンジライドHC編 氷ノ山ライドレポート

 

5月30日のちょっと寒い朝

神河町役場に続々と集まる男たち。

今日は主要3つの山だけで3000m近く獲得があるコース。

ルートマップコースプロフィール

https://www.strava.com/routes/2720092493726729380

脚は揃ってそうだぞ。

さぁISCSライド:寺前~氷ノ山編行ってみましょう♪

皆さんのスピード感と動きの軽やかさがExcellent!!

 

スタートから20㎞地点まで脚ならし&走りでご挨拶。

脚モデル~ in LAWSON。

目次

メンバー紹介

最近脚の筋肉がより付いてきたKWMRさん。調子良い状態で安定してますね。

KWMRさん

KWMRさん

IWKさん

IWKさん

KWMRさんと並んでのHCライドのツートップ:IWKさん。

今日はお疲れもあるということで、後ろからみんなを守ってくださいね。僭越ながら先頭は私が担当致します。

お馴染みのミスタータフ:TNDさん。実はHC初でちょっと不安???

TNDさん

TNDさん

まーさん

まーさん

TNDさんと同じくタフなライドを求めて来てくださる妙見の主:マーさん。マーさんも実はHC初めて。獲得も過去最高のルートでドッキドキ。

ハードなライドと聞けばワクワクが収まらないKNSKさん。

CORIMAホイールとの相性もかなり良さそうでまだまだ成長出来そうですね。

KNSKさん

KNSKさん

 

OKMRさん

OKMRさん

KNSKさんのご友人:OKMRさん

初参加がHC。
ビックリしました。初めましてですが今日は苦楽を共にしましょう。

 

そして神戸からの黒船:リリーさん。

走れるしユーモアあるしダンディーだし、もうISCSライドに欠かせない方。

リリーさん

リリーさん

こんな方々で行ってまいりまーす♪

1st STAGE

この後の生野北峠の高速区間で

後続が見えなくなったので

落車かと思ったら、

この日のために後ろポケット満タンの

KWMRさんの背中から

カリントウが落ちたのでした。

背中パンパンのKWMRさん

背中パンパンのKWMRさん

ふぅ~。胸を撫でおろしましたわ。さぁ続き行くぞ~♪

KWMRさんの背中、パンパンすぎでしょう笑

ライドへの意欲が伺えます。

養父の70号線を

リリーさんと川村さんが爆走。

風切り音が凄い。

2nd STAGE|最初のお山

氷ノ山の麓の横行渓谷に到着だよ。

既に疲れた~。

既に漂うやり切った感。

くつろいでもいいじゃないか笑

程よく休憩入れて

さぁ登り始めよう。

 

頂上の氷ノ山大段が平までの1本目スタートです。

みんなで氷ノ山の序盤の最高な映像が撮れた笑

 

でもIWKさんの”弱いふりして強力アタック”を

警戒してやる気の面々が前に集う。

皆さん最初から険しいクライムの登り切りを目指します。

今日の3つの山の内、1個目が一番きついのです。

標高150m~1100mまで。

そんな中、最初っから火花バチバチの先頭から

お送り致します。

 

IWKさんのファーストアタックに付いていけたのはリリーさん。

二人で先頭を走ります。

KWMRさんは一瞬の遅れ??

しかしこれはKWMRさんのエネセーブ作戦だったか。

イーブンペースで1㎞かけて追いつき、

その間貯えた力で巻き返して行く。

 

決着はまだまだ先。

IWKさんもリリーさんも力強い。

リリーさんはトルクトルクトルク。

でもほら見て。

速い人は登りでもスムーズに力強く回しています。

木漏れ日の下のサイドバイサイド

決着。

しかしどんな時も自分と戦う心意気が

皆さん素敵❤️

横行渓谷の水音が讃えてくれる。

皆で戦い抜いてついた大段が平

到着!

到着!

ご褒美は氷ノ山の水!!

IKWさん曰く美山のお水より美味しいらしい。

 

山の岩肌や苔から流れ出る水は

「え??飲めるの??」

って言われることも多いけれど

植物や砂が濾過してミネラルが沢山入っているから

標高が高いところだったら

結構安心して楽しませてもらっている。

 

さぁ氷ノ山のお水さん。

達成感と共に皆さんを癒やしてくね。

 

下り切ると今度は若杉峠の麓。

読み方は「ワカス トウゲ」。覚えてね。

下り切った瞬間からシームレスで

登りアプローチが始まる。

 

うれし涙。

ここも皆さん全力クライム。

へぇ。先頭で登っている人もこんなに最後まで

頑張っているんだぁ。

初めて知ったよって方もいらっしゃったのでは。

引原ダム周遊道路で団欒♪

おしゃべりタイムで癒やされる。

ようやく2個目のコンビニ休憩

そして1個目のコンビニから走ること100㎞。

やっと2個目のコンビニだ~~!!

皆、ここまで全力で走ってきたからヘトヘト。

 

休める~。

と思ったら、先頭を走るIWKさんが通過。

みんな

「まじ???」😭

衝撃が走る。

 

「IKWさん。ここで休みますよ~」って戻っていただいて

無事に休憩となりました。

IWKさんのビビらせもあったので

余計にコンビニの有難みが身に染みる!

青春だね笑

昼食タイム

お互い何を食べているのか興味津々。

皆さん、しっかり走った影響で、

普段食べないものを食べている。

それに自分でも驚いているんだって。

 

撮影はご無礼ということで

この方々にお会いしたら

力が沢山出る補給って何?って聞いてみてね。

力の源になる補給って

自転車を楽しむ上で本当に大事ですよ。

走れる人は工夫や拘りがある。

3rd STAGE|坂の辻峠

休憩後にゆっくり平坦を腹ごなし。

15㎞ほど。

 

そこから始まる3個目最後のクライム。

坂の辻峠。

 

マーさん、IWKさん、リリーさん、KWMRさんが

直ぐに前に集結。

 

ここまで来て、最後の登りやる気満々です。

まーさんが先頭でペースを作る。

そしてまたまた始まる全力走。

距離は2.5㎞くらいだったかな?

 

持久力勝負じゃKWMRさんが勝るため

IWKさんとリリーさんが

ご自身の長所を存分に活かすアタック。

二人共闘して速い~。

一瞬で豆粒だ。置いて行かれた。

今日のIWKさんは最初に聞いていたように

疲れが残る状態だったので

KWMRさんが早めに捉える事が出来たが、

それでも展開を自ら作るダッシュは

いつも凄いと思う。

1個目の横行渓谷と同じく

IWKさんと共にアタックを決め、

更には粘りの走りを披露されたリリーさん。

 

残り1㎞地点でやっとやっと捉えて

KWMRさんが捉え独走モードに入る。

 

いったん離れたように感じたリリーさんが

1コーナー差で傍にいる。

追い抜かれてからも諦めていない。

 

KWMRさんも100%いっぱいいっぱい。

ん? 少しペース落ちたか?

 

途端に後ろで声がする。

「よっしゃ追いつくぞー」

 

1分後

「あとちょっとやでー」

 

更に1分後

「おらおらー。抜いちゃうぞー」

 

声は離れていく。

気持ちはきっと追いついてきている笑

これがリリーさんの気持ちの良い心の強さと面白さ。

 

皆さん最後まできっちり山に友達に

全力投球を楽しみました。

下りは私がドベで安全に下り切り

皆さんで超ハードなコースを完走してきました!!

 

何やら先頭付近では楽しいことがあったようですが

それは参加くださった皆さんの心に刻んでいただいて

全員がいつものライドよりもとっても頑張らたということで

チャレンジングなライドとなりました。

 

キツさ多めだったかもしれないけれど、

この経験をもとに

皆さんがご自身のフィールドに戻った時に

もっとしっかり走れたり

新しいところまで脚を伸ばせたりと、

ご自身の成長を感じてほしい。

 

それがISCSの応援のやり方なのです。

存分に楽しみ、活躍してくださいね。

コーラで乾杯して終了となりました。

ISCSの最新スケジュールをチェックする→

ペダリングレッスンに申込む→←初めての方はこちらから!

最新イベントをチェックする→

お問合せはこちらから→

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる