イベントレポート

6/28開催神河町HC記録会+千種高原HC応援+ヤバいサイクリングレポート

神河町HC記録会

神河町HC記録会

記録会1日前の昼、

雨や曇りやと振り回す天気予想を表示した

スマホをテーブルに置き、参加者様に想いを寄せてみる。

それまでの想い・努力・改善傾向・これからの成長予想…

よし。やろう!!やるべきだ。

ということで当日。

この日はなんと6時からの計測。

6時からTTなんて皆さんに脱帽です。

5時に到着すると結構雨がふっていたものの、

みんなの気持ちを汲んでくれるかのようにすぐに小雨に。

アップをして役場前のスタートラインに3人が顔をそろえる。

うん。本当に雨は大丈夫そうだ。

近所のお爺さんも傘なしでお散歩している。

そして声をかけてくれる。ありがとう。

この記録会の後、

龍野マウンテンバイク協会が主催してくれている

オフィシャルな大会に生徒さんを

応援にみんなで行くんだ。

でも今はこの一本を集中だ。

頂いた事前情報から、今日のスタートはタイムギャップ方式とした。

バイク兄やんが最初のスタート。

2分後にKinoさんがスタート。

さらにその2.5分後(先頭4.5分後に)に

KWMRさんがスタート。

アップを見てるとバイク兄やん、速そうだぞ汗

とりあえずいってみようか。

ここのコースは平坦とも言えそうな緩斜面が10㎞と長い。

そのあとに斜度が徐々にきつくなる区間が7㎞続く。

緩く入ると大きくタイムロスをする前半10㎞を

どうまとめるのか。

そして後半7㎞も下りはないものの

スイッチバックや勾配変化が無数に襲い掛かり、

テンポづくりが難しい区間をどうまとめるのか。

マネージメントでタイムが大きく変わりそうだ。

サポートハイエースは前方の2人に付き応援してくれる。

自分は最終走者のKWMRさんと前の選手を追う。もちろん私は黒子役。

スタートしてすぐ、私はいつも感心する。

特にKWMRさんのスタートからの

フルパワーフルスピード状態は圧倒的だ。

意気込みを感じずにはいられない。

さてさて、どこらへんで前の方が見えてくるのか。

前半10㎞は道の先まで見晴らしがよい。速度は33~35km/h。

ということは1㎞を走る時間は2分弱くらい。

Kinoさんはボントレガーのまぶしいテールライトをつけていたな。

確か2㎞先まで光が見えるとか。

なら10㎞付近でみえてくるかもしれないな。

ん~。いいペース♪

お、遥か先の坂の上に赤いライトが見えるな。

かなり遠いけど、距離感1㎞?

Kinoさんのテールライトか、

ハイエースのブレーキランプかもしれないな。

この距離だとKinoさんもすごく調子がよさそうだ。

3人ともまったく油断できん感じの接戦だ。

勾配が上がってきたな。

道が蛇みたいに山に絡みついている。

その先に目を凝らしても・・・何もみえん。

KWMRさんも声を出す。

「前とのタイムギャップが知りたい」

スマホを取り出し、前のハイエースにタイムギャップ計測の指示を出す。

11㎞地点。

応援してくれていたハイエースが告げた

タイムギャップは無情にも

「4分37秒」

ギャップ開いてるやん!!!

冷や汗たらぁ~~~

Kinoさんとのタイムはちょっとわからないが

とにかく前の選手が全く見えん。

KWMRさんは体が後ろに落ちてしまい脚が回らない。

ギアはまだ軽いほうに2、3枚余っているが、

軽くして脚が回っても結局は

スピードが落ちてしまうことを懸念しているのか変更無し。

苦しそう。踏ん張れ~。

細かい勾配変化がタイミングを狂わせる。

ペダリングが落ち着かない。

落ち着かないなら、そして座って回らないなら

「ダンシングで踏み切ってしまえ」戦法に変更。

ランで鍛えた身体のバネを使って

猛烈にダンシングダンシング男寝具ダンシング。

未だ見たこともない

心拍200という数字を叩きながら猛烈にアタックし

自転車をゴールにぶち込むと、

先にゴールされたお二人が

疲れからある程度回復したお顔で拍手でお迎え。

あぁ。みんなすごく調子よかったんだなぁ。

次にやるときはみんな一斉スタートだな。

皆すごいぞぉ。嬉しいぞ♪

さぁ表彰。集団を使わず全部自分の力で走り切り立派でした!!

千種高原HC応援ライド

雨を避けるために記録会のスタート時間を

少し遅らせたから、記録会が終わったのも8時前。

これは千種高原ヒルクライムのスタートに間に合わないな。

皆、ハイエースに積んでスタートラインまで行こう。

帰りは車を駐車した峰山高原頂上まで自走ね。

なんとか千種高原ヒルクライムのスタートに間に合った。

自転車を下ろして、ヒルクライムに挑戦される

YasuさんとAyaさんを応援。

さて、今日はどうかなぁ。さぁいってらっしゃい♪

じゃぁレースを走った皆さんが待つ頂上まで

自転車でゆっくり上りましょうか。

神河町記録会の1本で脚に結構来てるよね。

全力だもの。そうだよね。

脚を労わりながらゆっくり上っていると

バイク兄やんのベースが上がる。

皆の限界値が一気に近づく。

バイク兄やんは単独走に。本当に上り速い。

たまたまYasuさんが見えてくる。丁度スキー場正面近く。

レースを走るYasuさんをしばらく応援出来た。

私たちが上るのはスキー場まで。そこから上は邪魔できないから。

あと100mでスキー場前を通過というタイミングで

KinoさんとKWMRさんももがきながら

Yasuさんをフォロー完了。

Yasuさん残り1.5㎞頑張ってー♪

YasuさんAyaさんとゴール後の記念撮影。

納得いかない表情のお二人ではあったが

立派に力を示されたり、

新たな発見をされていましたね。

その頑張りはまた次に繋がりますよ^^

向かい風でオフィシャル自己ベストは素晴らしいです。

ヤバイサイクリング開始

さて私たちは下ってコンビニ補給しましょう。

私たちのサイクリングはここからですよ。

事前にコースはきめていたけどどうします?

景色が綺麗なベルピール自然公園近いんです。

Kinoさん即答

「いきましょう」

「近くても正反対じゃん」って悲痛な声が聞こえそう

でも行きましょう。

今日の参加者さんはそんな方々。

ベルピール自然公園の上りは結構強烈。

ここでもバイク兄やんが攻撃開始。

攻撃の起点はいつもバイク兄やん。

攻撃してるつもりない攻撃。みんなの心に火が付く。

苦しいKWMRさんが最後まで後ろで耐え抜いて

最後50mでスプリントに持ち込み、みんな同時に頂上。

そして景色はやっぱりいつきても最高。癒される。

心を落ち着けた後、やっとここから帰宅方向だ。

国道429号線を峰山高原に向けて東にひた走る。

国道29号線を南下する。

大きな上りはないが、結構削られる。

県道8号線を峰山に向かって上る。

ここのピークはエグイ。

バイク兄やんの途中のハイペースで

Kinoさんが一瞬遅れるも

安定したペダリングのKinoさんが再度追いつき、

初めて苦しい表情となったバイク兄やん置き去りにして

最後200mスパート&ゴール。

KWMRさんも既に力を出し切っておりカラカラだが、

フォームを整えてこなし、脚付き0でゴール。

残りは峰山への4㎞の上り。

バイク兄やんが最初から上げる。

Kinoさんも食らいつくが余裕ゼロ。

最後の300m緩斜面になりバイク兄やんがダンシングでアタック。

Kinoさんも反応するがバイク兄やんのキレが勝り自転車を叩き込む。

3分後にKWMRさんも到着。

3人とも灰になる。

14時半、集合場所の駐車場に帰着。

皆さん朝からよく頑張られました^^
ゆっくり休んでまた楽しいサイクリングしましょうね。

おしまい。

ご予約・お問合せはこちらから

上記のスケジュールにないメニューや

時間のご相談など

お気軽にメッセージ下さい。