チャレンジサイクリング

9月22日開催 チャレンジサイクリングレポート ハイクラス編~氷ノ山-鉢伏高原~

さぁ今日は最初から最後まで絶景を見ながら

沢山登る欲張りサイクリング。

スキー場横の解放感ある緑と青空の景色を想像できますか?

本当に気持ちが良いルートなんですよ。

 

参加者さん

IWKさん、Kinoさん、KWMRさん、KNSKさん、

そして私の5名です。

 

皆さん自転車に熱心なので

楽しみもありつつ、

でも課題もご自身で設定されて集合されました。

●山一発の速さだけでなく、全体を通してしっかり走れること

●苦手な山のペダリングがまとまりつつあるから、それをみんなのスピードの中で確認すること

●富士ヒル前の調整。そして山での敗北を知るために。

●ペダリングの習得

そんな話だったかな。

 

一つ一つの峠でドラマもあったけれど

それを話すと長くなってしまうので総括のみ。

楽しそうな様子は動画のなかでどうぞ~。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

みんなの顔から判断してちょ^ ^

稲美スポーツサイクルスクール(@hbla.japan)がシェアした投稿 -

全体としては

みんな笑いながらめっちゃ登った♪

一体感最高♪

綺麗な景色も沢山見た♪

一人一人が大満足できる走りをした♪

●KWMRさん

負けず嫌いで努力家のKWMRさん

1個の峠だけでなく

全体をしっかり走れることが課題だったけど、

見事にペダリングをまとめて

すべての坂でトップをとられた。

未来の成長に手ごたえあり♪

●IWKさん

ポジションも合ってきて、

登りでも平坦でも自転車との一体感が増して

グイグイ走れるようになってきた♪

軽量選手真っ青の登りは見ていて圧巻でした。

周りの選手からは登れるスプリンターになってきた

と言われる程に♬

登れるスプリンター!IWKさん

●Kinoさん

覚醒の近いKNKNYさん

疲れ切った身体でのご参加だったが

身体の使い方や補給を工夫することで

最初から最後まで速いペースを維持できた。

ボロボロの身体でありながら、

何故か前回と比べてもスピードアップした登りや、

同等の走りが出来た。

Kinoさんも覚醒が近い。

●KNSKさん

富士ヒル前に調整…というよりは

度胸を付けることができたし、

調子が良いことを確認しながらも

敗北を知ることができた。

また一緒に走りましょう♪

敗北を知りにきました!と宣言されたKNSKさん

最後に

そして気持ちも体も真っ白になった全員で

川に入りながらコーラで乾杯。

コーラで乾杯!

9月末でも川が気持ち良い!

安全に帰りました。

 

今回のコースって、明石からでもめちゃくちゃアクセス良いんです。

要望があればまたコース設定して

ちょこちょことここら辺を走り回りたいと思います。

 

どうぞ皆の未来の楽しいサイクリングにつながりますように。

その他のイベントをチェックする

イベントに申込む

-チャレンジサイクリング

© 2020 稲美スポーツサイクルスクール