10月25日開催 チャレンジサイクリング〜私達の四六甲〜 イベントレポート

四六甲

10月25日日曜日に4人のメンバーさんが四六甲にチャレンジされました。

目次

ルート

集合 逆瀬川駅前
1本目 東~一軒茶屋
2本目 裏(谷上駅ファミリーマート)~丁字が辻交差点
3本目 表(COOP)~表頂上の交差点
4本目 再度山(登り口ローソン)~五辻~一軒茶屋

2本目、3本目は交差点までとし、

1本目の始まりと4本目の最後の達成感を

一軒茶屋で味わうのが私達の四六甲。

 

獲得標高は圧巻の3200mです。

最初のミーティング〜自己紹介〜

名乗りを上げたのは以下の4名です。

Entry No.1:過去獲得標高2500まで経験があるAYKさん。

AYKさん

「今年の自分の成長を問う。

今年の”頑張った”はこれで決める」

走行ログを完全記録するために

ガーミン用のモバイルバッテリーも持ったし、

頑張るぞ~!!

Entry No.2:過去獲得標高2500mのKRDさん

「前からやってみたかったけど自分一人ではなかなか出来なかった」

 KRDさん

さぁ一緒に清水から飛び降りましょうw

Entry No.3:獲得標高3000超えも1年以上ぶりのYSOさん

YSOさん

「今日はチャレンジしつつメインはAYKさんのエスコート」

 

いつもお二人のチャレンジはYSOさんあったればこそです。

今日も心温まるおしどり夫婦見せてくださいw。

 Entry No.4:同じく経験を持つクライマー兼グランフォンダーのKZM君

「獲得標高3000超えに久しぶりにチャレンジしたい。奈良から参加で六甲は初めて。いつも100㎞走った後が調子が良い」

KZMくん

 

今日もそれが見れるかな?^^

昔一緒に頑張っていた仲間が

今も一生懸命走っているところが見れると嬉しいよ。

スタート

逆瀬川駅横に集合していると、

タイムアタッカーがすごい勢いでスタートしていきます。

ん~~^^。

こんなのを見せつけられると

ここからチャレンジが始まることを

より感じさせてくれます。緊張~♪

 

さてスタート。

ゆっくり体に熱を入れていきましょう。

朝一番は冷えるけど

雲一つない青空が挑戦を祝福してくれているようだ。

東六甲の温度計は6℃‼

しかしYSOさんは半袖半パンやる気が違う!

 

宝塚ゴルフクラブの横を通過すると

序盤直ぐにKZMの勢いが良いことが明確に。

流石、奈良の強豪チームEURO-WORKSのキャプテン!!

 

KRDさんがそれに続く。

温存無しで出し切るつもりですね^^

 

YSOさんとAYKさんも

安定したペースで上っていきます。

1年前の三六甲チャレンジと変わらないような出力で入っていきましたね。

 

さて皆さんのチャレンジがどうなるのか楽しみです。

1本目:東

東側だけ唯一川のせせらぎを聞きながら登ることができる。

勾配が一番きついとされる道だけど、

苦しくなった時は耳を澄ますと

大自然の音が心を癒してくれるかも。

 

そんな中KRDさんがKZMを連れ立って飛び立ちます。

無理している様子もないが速い!!

 

YSOさんはAYKさんをエスコート。

流石ナイト。

AYKさんは東の10%超えの急坂にも負けず安定走行。

KZMとKRDさんが頂上で折り返して迎えに来てくれて

4人同時に1本目ゴール!!

 

街の景色を見下ろし達成感を味わいつつ

直ぐに2本目に出発です。

2本目:裏

谷上駅前のコンビニに到着するまでの下り道

KZMはここでも流石だ。

流れるように下ってくる。

 

でも実は、ちょっと前までコーナーリングが苦手だった

(言っちゃった。ごめんKZM)。

 

こういう上手になって直ぐの人にコツを聞くと、

とっても良いアドバイスをくれたりするから、

苦手な人はぜひ仲間に情報を求めてみよう。

 

下り切ったコンビニ補給は短時間にして、

体が固まる前にクライム開始。

 

今度はKZMがKRDさんをエスコート。

急こう配で車間が少し開き、

緩斜面で一体となって登っていく。

 

1年前の三六甲の際も2本目が裏だったな。

AYKさんはその時既に苦しそうな様子が見て取れたが

今日はいい感じで後半に向けて

セーブしながら走れているのが感じ取れる。

何か心穏やかに皆を見ていられる^^

3本目:表

ここへの下り、思い出した。

1年前に途中で握力がなくなって

坂の途中で止まっていましたね。

 

それが上手に下れるようになりました。

しかも速いのにより安全。

見違えるようですね。

 

下り切ったところのCOOPさんで補給をお世話になって

さぁクライム開始。

 

ちょっと長めに休憩入れたし、

3本目となると走り始めの脚が重いねw。

それでも気持ちは達成に向けて前のめり。

勢いが上がっていきます。

 

KZMは後半に入って全開走行に切り替えてきたね。

誰もついていけず

一人でグイグイ登っていく。

 

後半に向けてもそのペースは衰えず

真剣な顔で踏み続けていたね。

頂上まで立派なペースだった。

 

KRDさんも高い集中で高速ペースを維持していましたね。

「走り切る」というよりも、

「出し切って、出し切って、自分の限界はどこにある?」って

自問自答をするような挑戦に私には見えました。

3本目なのに、最後はテンポを上げてきてカッコ良い走りでした✨

 

AYKさんとYSOさん

体が坂道に対して踏み勝ってましたね。

上半身を含む体全体のを使った

クライムのきっかけを掴みつつあるように感じました。

3本とも安定している。なんか4本目に期待しちゃいます。

4本目:再度山~五辻~一軒茶屋

KZMとKRDさん。

もう達成も間近となって

安定ペースに切り替えたように感じました。

ご自身の力を登り口から感じていたのではないでしょうか。

 

逆にAYKさんとYSOさんは4本目で力解放って感じでしたね。

走りにメリハリが一番効いていて、

達成への期待があふれ出ていました。

 

オルゴール坂でKZMと上りスプリントおふざけして、

一気に皆でゴール。

 

やったぁ~。達成!!!

その瞬間、

AYKさんの尊敬する女性クライマーと出会う。

お互い大きな声で出会いの驚きとお互いの達成を喜び合う。

コーラで乾杯🥂

コーラで乾杯

そして心が熱いうちに皆さんからコメントを頂戴。

素敵な笑顔の動画と写真を頂き解散としました。

集合写真

私も皆さんの感動の瞬間に立ち会えて

とっても嬉しかったです✨

 

私たちISCSは成長したい方、チャレンジしたい方を応援しますので

どうぞ皆さん遊びに来てくださいね。

その他のイベントをチェックする

イベントに申込む

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる