4月25日開催 私達の六六甲 イベントレポート

4月25日は皆さんで6六甲にチャレンジしてきた。

その名の通り、

六甲山を違う場所から6回登ろうという企画だ。

 

私もそんなワードがあるなんて知らなくて、

生徒さんに「やってみたいんです」

と言われて企画してみたのだが

こういう時の動機って本当にシンプルなのだ。

 

「やってみたい」

 

それだけに尽きる。

皆さんの達成した瞬間の笑顔が

本当に素敵だった。

 

メンバーには15歳の少年もいて、

そのお父さんも含めて大喜びしてくださった。

良い企画となった。

 

しかし

私には一つ悩みがあった。

ここまで幾多の感動の企画を主催できているのに

こんな素敵な企画なのに映えない…💔

 

でもこの6六甲を皆と達成した瞬間に思った。

講師:今井

この感動は写真では伝わらん。

生徒さんがISCSを頼ってくれ、挑戦し、感動する。

それでいいじゃないか。

心に熱い思いを持っている皆さん。

  • 私のチャレンジってこんな小さなことなの。言ったらなんて思われるか。でも本当はやりたいの
  • こんなことやりたいって言っても誰も付き合ってくれないよな
  • 一人では怖いなぁ。誰か一緒に走ってよ。

一緒にチャレンジングなことして

心を超充実させましょう♪

目次

6六甲とは

ググっても出てくる記事は少なく、伝説には聞くが

やったことある人は知り合いには居ない企画です。

完遂の適宜は任意。

●六甲山を六ケ所から登りたい

●獲得標高を4000m超えたい

という目標の元、下記のようなルート設定をしました。

距離:116㎞

獲得標高:4050m

https://www.strava.com/routes/2807761355839504542

参加メンバー様

そんなイベントにいらっしゃるメンバーさんは…

いつも強く優しくライドのリーダー役:IWKさん

潜り抜けた修羅場は数多のミスタータフ:TNDさん

冬のトレーニング成果をここでしっかり感じたいYSOさん、AYKさん

大人もビビるチャレンジ精神の塊:15歳のあっくん

さてさてどんなチャレンジになるのやら。

1本目

朝6時半。

先ずは逆瀬川1本目です。

時計を読み違えたTNDさんを寒空の朝一に

40分待ったから寒い~。

 

みんなブルブルのスタート。

今日は皆で達成したら

打ち上げ御馳走してもらおう笑

 

船坂峠に入るころには身体も温まり、

脚も口もまぁまぁ回る。

 

昔懐かしターマックSL3の話題に。

若葉色と鳥の声が気持ちいいねー。

下って蓬莱峡。

岩肌がドーンって見えていて雄大だったなぁ。

初めて走ったよこの道。

良いところ♪

武庫川まで出たらUターン。

2本目スタート

IWKさんに連れられてあっくんが行く。

(これが大ダメージとなり

中盤にあっくんの脚が逝く笑)

AYKさん、YSOさんもclimb at own pace。

達成に向けて順調な滑り出しです。

YSOさん&AYKさん

今日も息がぴったりYSOさん&AYKさん

新緑が綺麗

新緑が綺麗

ハニー坂

これが噂のハニー坂

TNDさんのエンデュランス本気踏み。

しっかり踏めていますなぁ。

前方に見えるあっくんを

「速い」と称える。

そのあっくん。

「脳裏をよぎる。2本目でこんなに力を使っていいんだろうか?」

先頭のIWKさん。

ここからクライムスプリントを

2分に1回しながら登っていく。

流石強い(スプリント動画はないよ)。

あっくん

初の六甲山山頂。おめでとう!!

初めての六甲山頂!

初めての六甲山頂!おめでとう!!!

リズムよく下って。

 

ISCSチャレンジサイクリング常連の

お兄様、お姉様の安定した下りは流石。

 

途中あっくんに下りの安定について少し話して。

直ぐに安定。

運動やっているから飲み込み速いね^^

3本目:裏六甲を前に本気の補給。

顔見たら皆さんの真剣度が伝わるかな?

 

誰一人、余裕だと思っている人は居ない。

「突然終わるのは私かもしれない。

今の補給が最後の身体の状態を左右する」

って皆、未来を考えて補給しています。

んで、3本目の動画がなくて

疲れが濃くなってくる4本目のスタートへ。

 

3本目のを登る前の休憩の時に

今井雄輝
あっくん、今の体力残量どれくらい?

30%です。

初めての六甲山頂!

って会話有り。

4本目に入って

今井雄輝
残量どれくらいになった?

5%です

初めての六甲山頂!

ついにあっくんの体力が切れたか。

大人達

私も昔そうなったわ。予備タンク、気づいていないだけであるから大丈夫!!

皆軽ーく笑って一瞬で前に消えていく。

修羅場を潜った方々は言うことが違うね。

 

二人旅。

その後IWKさんと3人旅。

そして最後にダンシング

5本目の再度山前の休憩の一時。

本日の皆さんのバイク紹介

5本目:再度山前の意気込み。登坂開始。

TNDさんが続く登りと下りをグイグイ責め立てて

「あれ?もう交差点(五辻)についちゃったよ」って。

 

そして最後の登り。気合一発。

動画を見てくださっている皆さんには

皆さんの最後の気合が伝わるかな?

流石最後。4本目や5本目よりも鋭い!!

IWKさんについていくあっくんとTNDさん。

一瞬で見えないやん。

最後の力をふり絞っておいで。

オルゴール坂前。獲得標高3980m。

4000m達成。残すは登頂のみ!

達成!!!!!!!!!

みんなよくやったぁ!!!!!!!!!!!

ご自身への挑戦意欲を称えたい。

最後の一言。

仲間の価値を感じて感謝し、また同時に頑張れた自分も誇り

サイクリングを好きになって、もっと楽しんでね。

皆さんも、まだお会いできていない皆さんも

色んなレベルのライドを行っていますので

これからも一緒に楽しんでいきましょう!

その他のイベントをチェックする

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる