ファーストバイク~ 初めてという特別な瞬間~

いきなりですが、皆さんはご自身で

ファーストバイクを受け取った瞬間を覚えていますか?

●大人になってからの念願のロードバイク

●小さいころに初めて買ってもらった自転車

今思い返すと懐かしいというか、

感慨深くて涙が出るというか。

その思い出を心に引っ張り出してから見てほしい動画です。

目次

今回のお客様 IBK君について

これは、とある中学生(IBK君)が

初めてロードバイクを手にする瞬間です。

ご両親から信用頂き、

不肖この私がコーディネートさせていただきました。

ご協力頂きましたバレーワークスさん、

GENE BIKESさん

本当にありがとうございます。

 

喜びを押し殺しているところが、

私的にはIBK君らしくて可愛らしいw

しかしレッスンを通して彼とお話ししていると

自分の気持ちを少しだけ押し殺しながら

今まで頑張ってきたのかなって思ってしまいます。

優しすぎる子です。

 

だからこそ自分の想いを存分にぶつけられる

この自転車で自分を解放し、

カッコいい青年になってほしいと願うばかりです。

彼との出会いとお付き合い

尚、彼との出会いと付き合いは面白いものです。

下記に箇条書きします。

2020年2月 コロナの影響で私は暇になる(当スクールお客様減。掛け持ちしていたリフォーム工事管理業務にも呼ばれなくなる)
2020年3月 当スクールの居心地をよくしたいと改装を決意
信用していたサッシ屋さんに改装案を話したら「そんな工事はやりたくない」と断られる。ショック!
大好きな大工さんから新しいサッシ屋さんを紹介いただく
早速工事とレッスンを並行実施
サッシ屋の代表様が工事中にレッスンに耳を傾け、「これは野球をやっている息子に良い」と閃く
バリバリ球児との自転車レッスンが実現
2020年5月 バリバリ球児は甲子園のために学校に戻るが、同じく野球をやっている弟(今回の主役)がレッスンに通い始める。以後IBK君と称す。
中学3年のIBK君とその仲間2人が、コロナ影響下での体力維持を狙って当スクールに通い始める。
2020年6月 部活が再開し、仲間二人はスクールを辞めるが、IBK君のみ通い続ける。毎回小さな変化を見せてくれる。
小さな努力の積み重ねが走りに現れる自転車に少しずつ魅せられていく。
「僕は好きなことにはコツコツ頑張れる人間です」by IBK君。
2020年7〜9月 IBK君が少しずつ自己肯定感を獲得する。
今まで頑張ったことがなかった学校の持久走なども頑張るようになる。相手の目を見て話すようになる。
2020年10月 ご両親からのプレゼントとして、初めてのロードバイクをゲットする。

皆さん、彼と一緒に走ることが有りましたら

色々と教えてあげてくださいね。

バイクコーディネートについて

稲美スポーツサイクルスクール(ISCS)では

実はバイク購入の際のコーディネートも承っております。

 

憧れのバイクやホイールなどが

自分に合っているのだろうか?

乗ってみたら何か違う。。。。

こんなはずじゃなかったのに。。。。

と言ったミスマッチを事前に防ぎ

そのバイクの特性とご自身の使い方、

そしてご予算がマッチした

ご提案をさせて頂きます。

 

今回は中学生のI君の҉ファーストバイクの

手配のお手伝いをさせて頂きました。

 

思春期で余り感情を表さない彼が

嬉しくて微笑んでしまう瞬間に立ち会えて

私達もとても幸せな時間でした❤️

 

これからも彼のスポーツサイクルライフが

楽しく豊かなものになる様に応援しています!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる