営業日誌

【コラム】トライアスロン本番一番乗り

昨年はコロナで全てのイベントがキャンセルされた中

今年の4月11日は石垣島トライアスロンが開催された。

 

ISCSからはCKさんが参加された。

それまでスイムもバイクも練習を積んでいく過程で

毎回嬉しそうに成長を知らせてくださる

お姿を見れるのは素直に嬉しく、

なんか自分も前日からドキドキした。

 

次の日は千種高原での記録会イベント主催があり

朝の4時起き予定だったのだが

1時に目が覚めてしまう始末。

自分の大会の時より上手く寝れない(笑)

 

南の島で泳げることによる

テンションアップがあったとしても

実質去年は大会が開催されなかったので

緊張感はかなり高いものだっただろう。

 

ここまでくれば私からは

おふざけなメールを送って

リラックスのキッカケ??をつくることくらいのみ。

 

大会当日は気分も準備も忙しいだろうから

と連絡を控えたが

当日7時20分に「行ってきます」の連絡をもらった時、

朝日を浴びてスタートラインに

凛と立ってられるお姿を想像し

私も緊張感と喜びに包まれた。

 

私は笑顔になり、

「いってらっしゃいませ」と気持ちをお送りした。

 

全力走行で完走され

先ずは

走り切りました。もういやだぁ~。やりたくない~~

って電話が。

そのあと30分後に落ち着いてから

成長しましたぁ。いっぱい追い抜きました

の喜びの声が✨

 

そしてそこから1.5時間後に

悔しいです。私はまだやれたのに。私はまだやれます。

のメラメラオーラが。

 

私からは

講師:今井

今日は喜びを噛みしめることに全力でお願いします。もっとお酒飲んで喜びまくって下さい。悔しがるの早すぎます。笑

 

とお願いする。

 

石垣島と兵庫県加古郡稲美町で

気持ちを繋げてやり取りする連絡が

これまた超幸せな時間だった。

 

そしてこれを同じ大会に出場して

みんなでやれると想像したらワクワクした。

 

それを今度第一回目のLAKE BIWAトライアスロンで

ご一緒することが出来るのだ。

 

私はこれが初めてのトライアスロンとなるわけだが、

胸を張って「私も貴方も頑張った」と言えるように

練習から本番まで頑張ってみようと思う。

 

話は変わり、

こういったスポーツは自分がさらけ出される。

長い競技時間の中で自分で自分をより知ることが出来る。

 

「私に出来るんだろうか」

「前回、あれだけ辞めたいって思ったのに何故ここに立っているのだろう」

「今すぐにでもやめたい。でもまだやれる」という狭間。

「苦しいときに自分は何故笑っているんだろう?」

『あぁ。ここまで乗り換えたからこその最高な瞬間を味わうため、挑戦するのかぁ』

『超頑張ったのに、超超悔しい』

『私はこころからそう考える人間なんだなぁ』

みたいな。

トライアスロン-ラン-

押し殺しきれない感情が湧いてくる。

あ、勝手に想像してしまった。

私の場合はロードレースでの競技での話ね。

 

そんな経験をされた方々と

一緒に大会に出れることが光栄です。

 

私はスクールにて自転車の

技術・体力強化指導を行っておりますが

私をトライアスロンに誘って下さったのは

パーソナルレッスン会員のお二人です。

このお二人と大会に出れることを光栄に思う今日この頃でした。

ISCSの最新スケジュールをチェックする→

ペダリングレッスンに申込む→←初めての方はこちらから!

最新イベントをチェックする→

お問合せはこちらから→

-営業日誌

© 2021 稲美スポーツサイクルスクール