営業日誌

【コラム】企業の健康推進取組み

とある企業様の安全衛生課に

自転車を使った健康推進を提案するべく

行ってまいりました。

 

課長さんと保健師さんと主任技師さんが

お相手くださり有意義なお話が出来ました。

 

車通勤が許可された大規模工場では

結構メタボ問題が深刻化している…

と言うか改善の予算を割いても

なかなか改善しないと困っているようでした。

 

コロナ影響下での出勤の大幅自粛など

なかったようですが

それでも従業員さん達にストレスがかかり、

精神にも体重管理にも

悪い方向に変化が出たとのことで、

 

寛容だなぁと思ったのは

「落とさなければならない…というような

義務的なものではもう対処しきれない。

健康管理の中にも楽しみが必要である」

という私の意見に対して賛同下さったことでした。

 

とはいえ、何でもできるわけではなく

これから検討に入られる工場様に沿ったサービスを

行っていきたいと思います。

 

また面白いなぁと思ったのは

「あのタイヤがとっても太いのは何?」と

ファットバイクに興味を示してられたこと。

 

「何故それが気になるのですか?」と聞くと

「頑張ってもスピードが出なさそうだから。

あれは時速何キロ出るの?クロスバイクは?」

とスピードが気になるご様子。

 

正直に「人によって違うからわかりません。」

とお答えし

 

でも確かにどんなに技術があっても

スピードが出ることはリスクの増加であり

notサイクリストで従業員さんの

安全と健康を守るお仕事をされている方からすると

一般的な感覚なのだろうと私の頭に入れ込んだ。

 

良いほうに話がいけば

2021年夏くらいに

第1回目のISCS安全講習 企業版が

実現するかもしれません。

 

新しい価値の提供を考えて頑張ってみます。

-営業日誌

© 2021 稲美スポーツサイクルスクール