営業日誌

和歌山サイクリングフェスタお手伝い参加レポート

プロローグ

今日3月21日は和歌山サイクリングフェスタの日。

 

県が主導し、自転車を盛り上げる

和歌山県の肝いりのイベントなのだ。

 

実はご厚意を頂いて

ここ数年スタッフを仰せつかっている。

 

昨年2020年はトークショーやペダリングレッスン、

ワットチャレンジ企画等で

県知事登壇までの場を温める

大事な役割を頂戴したのです。

 

まぁ皆さんご存じの通り

コロナ渦でイベント中止がオチなのだが。

 

今年はというと

密を避けるためにそんな前夜祭は控えて

当日の走行アテンドで

皆さんの笑顔に貢献することがお仕事です。

 

でもそれだけでなく

私がレースで大変お世話になった方々が

スタッフをしておられて

大事な恩返し&「元気にやっていますよ」を

報告できる場なのだ。

 

ということで今年は2年ぶりの開催。

暴風雨予想なのだが、

それでも上記一つでも達成できればと

20日26時に現地入りした。

 

大雨の中、仮眠をして目を覚ますとやはり暴風雨。

徐々に強くなるようだが

本部の判断は 決行!!

「御意」

最大限のお役に立てるように頑張ります。

和歌山サイクリングフェスタ当日

雨の中を走りだすと

追い風でさほど風は感じない。

体温低下も最小限で、

久しぶりのシャワーライドを楽しむことが出来た。

 

SCOTTのGENIUSという

セミファットバイクで走っていると

参加者の方から「カッコイイ!!」の声が。

 

まじで?そんなこと初めていわれたわ笑

「乗ってみたら?」って言いたいけど、

今日の天気では我慢ね。

来年ブース出展が出来たら準備してあげるからねー^^

 

1時間弱走ってから第一エイドに到着♪

学校のグラウンドに設置されたテントで、

お店の皆さんも雨とサービス提供のために

必死に戦ってられる。

aid1

有難く寒天とクッキーと頂く。

大きな声で「いたーだきます!!」

 

とその時、イベント中止の連絡が入って

スタート地点まで戻ることに。

中止からのUターン

帰路に着くとそこは横風。

私達のグループを先導するリーダーが

良いペースを刻んでくれたので

一体感があって、

そして雨のなかでも

おしゃべりしながら賑やかなライドが続く。

 

最後のマリーナにかかる橋は横風が強くて

構えていても半車線分飛ばされる。

流石に会話も止まって超真剣。

 

そして無事にゴール♪

 

自転車に乗っている時以外も

エイドでのリーダーシップが素晴らしかったHTTRさん。

先導ありがとうございました。

 

会場では私服に着替えて、

私と同じグループのお客様を見つけては

声をかけた。

 

私服だと皆さん分かりにくいのは、

自転車乗りのアルアルですよね。

でも雰囲気で私と分かって下さって

完走を喜び、これからの目標をお話しした。

その他

嵐で会場のスタッフ様もあわただしく、

体調管理も難しかったが

会いたい方に合うことが出来た、

私にとって良い会となった。

 

またKCC(紀ノ川サイクリングクラブ)の

IGCさんから大事な話を沢山聞いた。

皆さんの喜びを繋げて道を開拓していくときの経験談。

私にとってはサクセスストーリー。

自分の道しるべなのだ。

 

キラリと光る夢を見せていただいたようだ。

IGCさんに倣って是非デジャビュにしよう。

満足な気分で帰ってきました。

-営業日誌

© 2021 稲美スポーツサイクルスクール